茨城症候群

Home > 御花見

御花見

「そろそろ暖かくなつてきたね」

停留所で山本さんと二人竝んでバスを待つてゐる間中、私は昨日よりずつと暖かさを増した風が頬を撫でるのを感じてならなかつた。

山本さんは此方を見て微笑んでゐた。彼女の顏もまた、昨日よりずつと温かさを増したやうに思へてならなかつた。

「そりやあ春ですもの。暖かくなきやあ春ぢやないでせう」

山本さんの肌は、向かふまで透き通るやうな白さを見せてゐる。柔らかい春の日の光の下では、それはなほさら白く映つて見えた。

——山本さんはその幼い頃から脆弱だつた。何でも生まれ附き内臟に好くない疾患があるさうで、走り廻ることはおろか一寸した運動ですらお醫者に禁じられてゐた。

だから學校でも鬼ごつこなどは皆が奇聲を上げながら樂しさうに追ひ掛けられ追ひ掛けるのを、彼女は隅つこに獨り座りながらにこにことして見てゐた。運動會なども獨り普段著のまま、テントの下で大きな聲援を送つてゐた。

それでも山本さんは、自分の身體の弱いのを誰かに愚癡るやうなこともしなかつた。皆と同じことの出來ない不滿を表に出すやうなこともしなかつた。身體の弱さを理由にして何事を拒むやうなこともしなかつた。誰かに身體の具合を気遣はれることすらも好かなかつた。

山本さんには、開き直つて他人を突き放すやうな傲慢な頑固さはなかつた。彼女はただ、身體の弱さに決して甘えることのない、強い心を持つてゐたのである。

私の決して持ち合はせてゐない、屈強な心。山本さんは慥かに、それを持つてゐた。

けれども、おそらく私が力いつぱいその身體を押して道に突き倒せば、いくら心の強い山本さんでも、きつと——。

青い草の生える道端に目を落としながらそんなことを考へてゐると、山本さんは私の肩をとんとんと叩いた。振り返ると、柔らかく優しい笑顏があつた。

「靜子さん、やうやくバスが來たやうですよ」

その笑顏に、私は厭な罪惡感を覺えた。私は無意識の内に、私と山本さんとの間に優越なる壁を作つてゐたのである。一方の彼女には、壁すら見えてゐない。見えてゐたとしても、彼女はそれを全く氣にすることなく、私に接してゐる。

それなのに、それなのに私はその壁を、獨りで勝手に氣にして仕舞つてゐたのである。

あゝ、愚かしい。私は本當に、愚かしい人間。愚かしく、弱い人間。

「靜子さん?」


ゆらゆらと搖れるバスの中で、春の陽射しも手傳つてか私は何だかとても眠たくなつて、山本さんにもたれ掛かつてゐた。彼女はそれを払ひ除けることもなく、受け止めてくれてゐた。

御花見

「ほら見て靜子さん、櫻がこんなに綺麗」

公園に著くと、山本さんはその細く白い腕を一杯に伸ばしながら周りの櫻の木々を指差し、顏を輝かせ嬉しさうに燥いでさう言つた。彼女の言ふやうに公園の櫻の木の花はどれも皆、滿開に咲いてゐた。

「本當に綺麗ね。丁度今が御花見時、と言つても好い位」

櫻は、慥かに綺麗だつた。しかしそんな綺麗な櫻に無邪氣に喜んでゐる山本さんの顏も、同じやうに慥かに綺麗に見えた。寧ろ私には、そちらの方がより美しく感じられさへした。

その二つ、背景に咲き亂れる櫻の花と山本さんの華奢な姿とを重ねて見ると、まるで映畫の一シーン、あるいは一枚の繪畫を眺めてゐると云ふ錯覺に囚はれた。それは全く奇妙なことではなく、この目の前の同じ光景を見れば誰もが私と同じやうに感じるであらうことが當然のものとして思はれた。それほどに、この櫻の花と山本さんとはぴつたりとした調和を見せてゐた。

心を奪はれた私がぼうつとして眺めてゐると、山本さんは惡戲つぽい笑顏をこちらに向けて言つた。

「ね、靜子さん。やつぱり來て良かつたでせう?」

「ええ。こんな綺麗な……、綺麗な櫻が見られたんですものね」

私はさう言ひながら、周りへと目を遣つた。私たちの他にも御花見に來たであらう花見客が多くゐて、それぞれが櫻の木の下や芝生の上に陣取つて酒盛などをして盛り上がつてゐる。ある者は奇妙な踊りを踏んでをり、またある者はさくらさくらなどと大聲で歌つてゐた。彼らは勿論、その周りで手拍子をしながら囃し立てる者も、皆誰もが明るい顏をしてゐた。

樂しさに賑はひ幸せに包まれる筈の時間が、そこに流れてゐた。


實を言ふと私は初め、この御花見の誘ひには余り乘り氣ではなかつた。と云ふのも、年が明けた頃から山本さんの具合が一層惡くなつてずつと床に臥してゐると云ふ報せを聞いてをり、そんな病人が無理を言ふのにわざわざ附き合つて具合を一層惡くさせては申し譯がない、と思つてゐたからであつた。

だから私は一旦、架空の事情を附けてその誘ひを斷つた。山本さんの具合の惡くなつたのは知つてゐたけれども、それを理由としては挙げられなかつたから、私は彼女に噓を吐いたことになる。斷つた時の心苦しさと言へば、それは最う堪えきれないほどのものだつた。

しかし、山本さんにはそんな御粗末な噓は通じなかつた。それどころか、彼女は私の胸の内——山本さんを心配する餘りに誘ひを斷らうとしたこと、それを適確に見拔いてすらゐたから私は驚いた。そして同時に、自分を恥づかしく思つた。

瞞すつもりはなかつたと釋明し謝る私に、山本さんは怒ることもなく大きく笑ひながら、具合を氣遣つてくれるのは有り難いが自分の身體は健康そのものだから心配は無用だと言つた。そして他の誰でもなくこの私と御花見に行きたいとも言つた。

山本さん本人が心配要らないと言ふのだからわざわざ他人が心配する必要はないのだらうが、私は猶も彼女の身體の具合が氣掛かりで仕方がなかつた。だからそれについて訊いてみると、床に臥してゐたのは別に普段の持病が惡くなつた譯ではなく、ただ季節に流行の感冒に罹つたからだと云ふ。お醫者からはごく輕い感冒だと言はれたので隨分甘く見て寢ずに過ごしてゐたら、案の定餘計に拗らせて仕舞ひ、それで長い期間寢込まざるを得ない羽目になつたらしい。

それも最う完治して何處へ行つても身體に差し障りがなくなつたから、滿開になる櫻の花を見たいと思ひ、御花見に行かうと私を誘つたのだと云ふ。

山本さんの言ふことには、噓も僞りも感じられなかつた。誤解として受け取つたとは云へ逃げやうとした私を非難することもなく、彼女は先程と何一つ變はらない顏をしながらあらためて私を誘つた。勿論今度は、私はその誘ひに快く應じてゐた。

御花見2

それから私と山本さんは、公園を一周してゐると云ふ遊歩道を竝んで歩いた。きちんと整備された遊歩道は、薄く桃色に染まつた櫻の花々に圍まれてゐる。それは丁度、トンネルのやうになつてゐた。

その下をくぐるやうに通り拔けながら、私たちは色々な話をした。昔の學校の思ひ出話から、今のお互ひの暮らし。幼馴染みであるだけに、私たちの会話はトンネルの向かうに見える噴水から水が噴き上がるのと同じやうに次から次へと湧いて出て來て、止ることを知らなかつた。

“話に花が咲く”と云ふのはかういふことだらう。一方の櫻の花の方はその間も勿論綺麗だつたが、私は嬉しさうに話をする山本さんの顏の方に許り氣を取られ、櫻の美しいことを思ふ餘裕を与へられなかつた。彼女の方は何うだつたかは分からないが、私は櫻の花咲く周りの空間も關係なく、ただ山本さんと二人きりの閉じた場所に居るやうな氣にさへ囚われてゐた。

そんなものだから、私は足許に段差があるのをつひ見落として足を躓かせて仕舞つた。「きゃあ」と發した時には最う遲い、私は幾分派手にすつ転び、膝から地面に落つこちた。辛うじて反射神經が働いたお蔭で手が先に出たから、顏は何うにか打たずに濟んだ。

「大丈夫?靜子さん」

直ぐに山本さんが心配さうな顏をして横に寄つてきてくれた。不可ない、山本さんに心配されるなんて。私は「ええ、大丈夫」と苦笑ひをしながら起ち上がつて、服に附いた土を拂い落とした。

その時、不意に強い風がひゆうと邊りに吹いた。突然の風に、周りの花見客からはきやあきやあと云ふ騷がしい聲が上がつた。風は帽子やら傘やら紙屑やらを惡戲のやうにそこら中に卷き上げて、そのまま去つて行つた。

「あら、迷惑な風」

風は、取つて置きの惡戲も仕出かしてゐた。周りの櫻の花を掻き亂すやうにして、散り拂つて行つたのだ。お蔭で櫻のトンネルは、直ぐに薄い桃色で一杯に溢れた。

今まで見たことのないやうな光景に、私は思はず燥いで聲を出した。

「わあ、櫻吹雪!ほら」

「……」

私の呼び掛けに山本さんは何も応えず、ただ默つてその視線を舞ひ落ちる櫻の花へと向けてゐた。

「山本さん?」

「……櫻が綺麗なのはね、直ぐに散つて仕舞ふからなの」

さう言つた時の山本さんの顏に、ふつと影が差したやうに見えた。彼女は依然として笑顏だつた。しかしその間に差す影から、裏に隱された何か深く暗いものが顏を出してゐた。それを見て私は、途端にぎよつとした。心臟が何かに強く摑まれて締め附けられるやうな氣持ちを覺えた。

「直ぐに散つて仕舞ふことをみんな知つてゐるから、分かつてゐるから、その分だけずつと櫻は綺麗でゐられるの」

何故か私には、返す言葉が見當たらなかつた。懸命に心の中を探つても、何一つ適當な單語の一缺片すらも浮かんで來なかつた。

私はただ、もどかしかつた。何も言へない自分に苛立つてゐた。

……言へる筈がなかつた。

山本さんの顏に影を見てゐた私が押し默つてゐることに氣が附いたのか、山本さんはその影を直ぐに引つ込めた。そして私の手を取ると、「ね、廣場の方へ行きませう」と明るい聲で言つた。

先程の薄暗い影が同じ顏に現れてゐたとは思へないほどの明るい顏に、私は先程の山本さんの言葉が幻の中に聞こえたものなのではないかと疑つてさへ仕舞つた。しかしそれは紛れもなく、確実な感覚に聞いた言葉だつた。

その後山本さんはあの影を見せることもなかつた。感じさせることもなかつた。だから私はあの時に一瞬覺えた困惑を忘れながら、御花見の時を樂しく過ごせたのだらう。あるいは山本さんの方も、忘れてゐたのかも知れない。


それから暫くして、櫻の花は全て散つた。

あれほど滿開に咲き亂れ人々を喜ばせてゐた櫻がまるで噓だつたかあるいは夢の中の光景だつたかのやうに、最うあの公園には春の華やかさは何處にも見えなかつた。

代はりに若々しい、しかし力強ささへ感じさせる緑の新芽が處々に吹き出してゐた。公園の噴水の周りには幼い子供たちが集まつて、強くなつた陽差しの下で甲高い聲を上げながら走り回つてゐた。

山本さんはあの時、最う自分の行く先のことに感附いてゐたのかも知れない。いやひよつとしたら、それよりもずつと前から悟つてゐたのかも知れない。それで、私を御花見に誘つたのかも知れない。さう今では思へる。

私があの御花見の時に見た笑顏は、決して華々しいだけの夢の中に見たものではなく、現實の中にこの目で見たものだつた。それは今も私の中では消えてはゐない。あの時と何も変はらず綺麗なままに、私の中で咲き續けてゐる。

そして今後もずつと、咲き續けるのだらう。

Index of all entries

Home > 御花見

Return to page top