茨城症候群

Home > ガードレールの猫

ガードレールの猫

  • 2010年4月 3日 23:53

今朝、歩道のガードレールの上を猫が歩いていたんです。真っ白い猫でした。

猫がガードレールの上を歩くなんて珍しいじゃないですか。歩くなら歩道を歩けばいいものを、どうしてわざわざそんな歩くのにも足の先が痛そうな細い場所を歩こうとするのか解りません。ですから私はちょっと面白いと思って、携帯電話で写真を撮ろうとしたんです。話の種にもなりそうでしたし、私はネット上でブログをやっていましたからそこに載せればコメントが沢山付いて注目を浴びるかも知れない、そう思ったんです。

そしてちょうどバッグから携帯を取り出そうとしたところでした——その猫が、突然こちらを振り返って恐ろしい形相で私を睨んだんです。まるで「俺を撮るな」と言っているかのように。本当に恐ろしい形相でした。ライオンが獲物を見付けて今にも飛び掛かるか飛び掛からないか、そんな時に獲物を威嚇しているかのようでした。

私はその猫の顔に思わずびっくりして、バッグから取り出そうとしていた携帯をアスファルトの道に落としてしまったんです。あ、と思った時にはもう何もかもが遅かったのでした。運が悪くも携帯は固い地面に落ちた衝撃で液晶が割れてしまい、ガードレールの猫はいつの間にかどこかへ去って行ってしまいました。

私は猫を撮ろうとして、その猫に脅され、携帯電話は壊れてしまったのです。二重の困惑に襲われて、私はしばらく慌てふためきました。

携帯には仕事上の取引相手やプライベートな友人の連絡先、思い出の写真、暇潰しに楽しんでいたゲームなど重要な情報が色々と入っていましたから、携帯が壊れているいないにしろまずそれらの情報を救うことが最優先だと考えました。そして急いで近くの携帯電話のキャリアの店へと走ったんです。店に入った時、私がどんな顔をしていたか分かりません。きっと慌てていて真っ青で今にも倒れてしまいそうな顔をしていたことでしょう。その証拠に、店員がまるで見たことのない変な生物を見るかのような表情であったことは覚えています。

店員との細かなやりとりは慌てていたせいか忘れてしまいましたが、結局携帯は落ちた衝撃で電源も入らず、その上全ての情報もろとも失われてしまったそうです。そのことを告げられた後に店員は新しい携帯の機種を勧めて来ましたが、私はショックのあまりそれを断って店を出ました。何しろ、もうあの携帯に入っていた情報は全て帰らぬものになってしまったんですから。

それから家に帰るまで、どのように帰ったかさえも覚えていません。気付けば、私は暗い部屋で液晶が割れがらくたとなってしまった携帯電話を机の上に置いて眺めていました。

どうしてこうなってしまったのか、思い返すとあのガードレールの猫が始まりでした。猫を撮ろうとして猫に睨まれ、驚いて携帯を落とした。そして携帯は壊れ、私にとって重要な情報が全て消えてしまった。あの猫さえ撮ろうとしなければ、ただ「ガードレールの上を歩く猫」という可愛い光景を見るだけにして通り過ぎさえしていれば……!

私の目には、あの猫の顔が鮮明に焼き付いています。猫を撮ろうとして携帯を取り出そうとした時の、あの恐ろしい顔。それを思い出すだけで、私は今も震えが止まりません。


その午後、不思議な電話が掛かってきました。携帯電話は壊れていましたから、家の固定電話に掛かってきたんです。

「……もしもし」と私はショックを引きずりつつ、暗い声で応えました。すると電話の向こうの相手は「ヤマモトだけど」と名乗りました。低い声でしたから、男性だったんでしょう。

「ヤマモトさん? どちらのヤマモトさんですか?」

「俺がどこを歩こうが俺の勝手だ。俺を晒し者にしようとするんじゃない。お前は自分の自己顕示欲のせいで、全てを台無しにしたんだ」

Home > ガードレールの猫

Return to page top