茨城症候群

Home > Archives > 2009年7月 Archive

ブルドッグ

  • 2009年7月27日 03:01

「なんて言うか、たるいんだよ」

横の席の山本が俺の方へ目だけ向けやがってそう言った。その顔は言葉を裏切ることなく全面でたるいということを訴えていた。死んだブルドッグが間違ってこいつの面に取り憑いて間違ったと思いつつこいつの方もたるいので離れるのが嫌になりそのままになったようなそんな感じだ。

「たるい」

山本のたるいブルドッグ面はさらにブルドッグさを増してどんどんとブルドッグそのものに見えつつあった。このままこいつは近いうちにブルドッグになってしまうんじゃないかと思った。別にそうなったんならそうなっても俺の方は構わないが俺はそうなってもこいつの飼い主になんかなってやろうとは思わない。山本は一言で言うとキモい。顔は一見爽やかに見えて入学時こそは女子たちの話にも色々と噂に上げられていたそうだったが、なんというか何に付けても粘着質だからこいつはその本性がだんだんと明るみに出てからはいつでもクラスの鼻つまみ者で時々陰湿ないじめを受けていたこともあった。だから俺がちょっと可哀想になって会話の相手になってやったりしていたら自然と親しくなってしまったというわけだ。それでも山本の粘着質はことあるごとに俺を呆れさせることがあった。ブルドッグになったとしてもその粘着質は変わることはないだろう。餌一つのねだり方にしてもその粘着質は発揮されるに違いない。餌をくれ餌をくれ餌をくれとブルドッグの山本は一日中俺の足下で吠え続け唸り続けごねり続けるのだ。俺はそんなので困りたくない。考えただけでも鬱陶しいから俺は考えるのを止めた。

「何がたるいんだ」と俺は会話の礼儀だから相槌を打ってやる。「たるいんだ」「何がたるいんだっての」「とにかくたるい」「たるいたるい言ってちゃ分かんねーが」「全てがたるい」「全てか」「そうだ全てだ」「そりゃ困ったな」「あー困った困ったたるいたるい」

こいつは駄目だ。ただただたるいたるい言うばかりでてんで話にならない、というかまともに話もしたくないんだろう。俺のご親切な相槌にも適当に応えやがって失礼な奴だ。

「勝手にしろ」と俺は言い捨てて山本ブルドッグの方を向くのを止めた。「一生たるがってろ」

ブルブルブルブル

やることもなかったので教科書を開いて真面目くんを装おうとすると山本の席から普段あまり聞かない、というか聞いたこともないおかしな音が聞こえたのでそっちに目を遣ると、山本の姿はそこにはなかった。代わりに山本が座っているはずだった椅子の上に何かが置かれていた。ぬいぐるみのような毛に覆われたもの——ブルドッグ。

ブルブルブルブル

そいつが音を出しているのは間違いなかった。顔のパーツの全部が鼻の方にくしゃりと寄せられている黒みがかった顔、重力に抗うことなくだらりと垂れた頬、丸々と太らせた身体を支えるに相応しく生えた太い四つの足。それが椅子に座って俺の方へその大きな丸い目を向けながら、喉を小刻みに震わせて音を鳴らしていた。

「……山本?」と俺は犬に向かって問い掛ける。いや、犬に人間の言葉が通じるわけがない。俺は馬鹿か? 問い掛けてから俺は俺のしたことを反省した。しかしその場ではそうせざるを得なかったのだ。こいつは山本だ。たぶん。犬が突然山本と置き換わった形でこんなところに現れるはずがない。こいつは間違いなく山本で、山本はブルドッグに姿を変えちまったんだ。たぶん。

「ブルブルブルブル」と犬は依然として呻っている。俺は試しに問い掛ける。「ブルドッグになっちまったのか?」「ブルブルブルブル」「おい、お前は山本か?」「ブルブルブルブル」「山本じゃないのか?」「……」「山本か?」「ブルブルブルブル」「突然紛れ込んできた野良犬か?」「……」「山本なんだな?」「ブルブルブルブル」

分かった、こいつはどうやら日本語が通じる。呻ることで肯定文と否定文だけは使い分けられるようだ。犬になったら途端に賢い奴だ。

しかし一体なぜ山本が突然ブルドッグになってしまったのかは分からない。山本も山本の方で実は普段からブルドッグになってみたいという気持ちがあってそれで今回ブルドッグの神様か何かが突然舞い降りてきて願いが叶ったとかそういうロマンティックなストーリーも考えてみたがそれはいくら何でもあり得ない。いやそれを言うなら突然俺の隣にブルドッグがいるなんていうこの目の前の現実もあり得ない。山本という人間がブルドッグになったということもなおさらあり得ない。あり得ない。あり得ない。あり得ない。俺の目の前では普通では全くあり得ないことが現在進行形、アイエヌジー形で起こっている。

周りを見渡す。他の奴らはみんな犬がここにいるということにすら気付いていない様子で紙飛行機を飛ばしたりぺちゃくちゃ喋ったり弁当を食べたりとまあ気楽でいいことだ。俺は自分だけがこんな訳の解らない状況に置かれているのが嫌だったから山本とは反対の隣の席にいた眼鏡坊主の斉藤に声を掛けた。「ここにブルドッグがいるだろ、見えるか?」

「……佐々木くん、立ち直れていないんだね」「何言ってやがる」「ブルドッグか何だか知らないけど、もう山本くんはいないんだよ」「いないんじゃない、山本が犬になったんだ」「現実を見ようよ」「あ? 喧嘩売ってんのか?」「辛いかも知れない。でも、現実からは逃げられない」

こいつも駄目だ。話がまるで噛み合わない。俺と斉藤とはお互いに別の世界にいながら懸命に声を上げて会話をしているようで疲れる。俺はこれ以上無駄なエネルギーを使うのももったいないから話を切り上げた。現に隣にはブルドッグになった山本がいて、俺とは呻る呻らないのデジタルな手段で話をしていた。そのはずだった。

山本の机の上には、菊の花の差された花瓶が置かれていた。椅子の上には、先ほどまで話をしていたはずのブルドッグの姿もたるいと言っていた山本の姿も見えなかった。

「佐々木くん。山本くんは、昨日亡くなったじゃないか」

……そうだったね。

新宿駅で踊る

  • 2009年7月27日 15:28

新宿駅の大迷宮を行き交う人々の真ん中で、汚らしい服を着た汚らしいチンピラみたいな奴が汚らしい長髪を振り乱して汚らしく踊っていた。一見すると身の上に何か悪い出来事が起きて気の触れてしまったような可哀想な奴にしか見えなかったけれど、少し時間を割いて見ていると、タン・タ・タン・ラン・タ・タン・タン・タ・タン・ラン・タ・タン、とある一定のリズムに則って足を踏んだり手を舞わせたり腰をくねらせたり引っ繰り返ったりしながら踊っているのが分かった。でもそいつの踊りに合わせて音楽が鳴っているわけでもなかったから、リズムをつかみながら踊りを見る人なんてほとんどいないだろう。そういう大多数の人にとってはやっぱりただの可哀想な奴だ。

あいつは内心で今の自分をお洒落だとか思ってるんだろうか? 俺にはお世辞にもそいつの踊りがお洒落だとは言えないし思えない。ダンスの専門家かなんかからして見ればもしかしたら一流の踊りだとかいう評価が付くことが万が一にもあり得るかも知れないが、この目の前で繰り広げられている踊りは一般人にとっては理解しがたいを越えてわけが解らないもの以外の何でもない。何より他人のそいつに対する態度がそいつの存在とそいつの踊りを思いっきり否定していた。

「うわダッセ」「ちょっと邪魔あ」「気持ち悪い」「意味解んない」「くっさあい」

そいつに向けて、ひそひそとはばかるでもなく非難の罵声が容赦なく投げ掛けられる。中には言葉だけでは飽き足らず、わざわざそいつの目の前で立ち止まってから鼻をかんで使ったティッシュを投げ付けるなんていう酷いおっさんもいた。そういう行動に出る人の気持ちも絶対に何が何でも解らないということでもない。なぜならこいつの踊りは、ほんとにダサくて邪魔で気持ち悪くて意味が解らなかったからだ。最後の臭いは分からなかったが。

それにも構わず、そいつは踊りを止めなかった。俺は暇だったしそいつのことが気になったからちょっと離れた場所から携帯電話をいじくる振りをしながら踊りを見ていたんだけれど、通行人に暴言を浴びせられたりゴミを投げ付けられたりしているのがまるで自分とは関係ないと思っているように、踊りの内容も質も変えずに続けていた。実際に、そいつに向けられる非難と踊っていることとはそいつにとってはそんなに関係がなかったのかも知れない。

タン・タ・タン・ラン・タ・タン・タン・タ・タン・ラン・タ・タン

踊りを無視して冷たく通り過ぎていく人たちの作る川を渡って、俺はそいつに近付いた。だんだんとファストフードで売られているジャンクなフライドポテトの油臭い匂いが辺りに満ちてくる。そいつの踊りで身体が動くのに従ってその匂いは拡散しているかのようだった。おそらくこいつがポテトの匂いの元凶だ。「くっさあい」とはまさしくこれだったのだ。確かに臭い。思わず鼻で息をするのもはばかり顔をしかめてしまうほど臭い。よっぽど汚れた場所から来たか浮浪者なのか分からないが、何日間も身体を洗っていないんだろう。

俺が近付いて来るのに気付いて何か考えたのか、あるいは単にたまたまタイミングが重なっただけなのか、そいつは踊るのをぴたりと止めた。髪がゾンビが墓から出てくるみたいにだらんと顔を覆っているのを、頭を一気に振り上げて後ろへやった。現れた顔は目の周りの彫りが深く意外にも整った顔立ちのように思えたが、その汚らしく伸びた長い髪ともじゃもじゃの髭と無表情のおかげで大損をしている。顔の雰囲気からすると、俺と同年代か少し上という気がした。ただやっぱりここでも髪と髭と表情のせいで、それ相応の若さは損なわれていた。そいつは踊りの後のクールダウンなのか屈伸をし始めた。その上下の動きに合わせて小蝿がぷんぷんと音を立てながらそいつの周りに群がっている。ポテトの匂いはこうやって小蝿だけを寄せ付けるんだろう。

俺がそばに立ってそいつの一挙手一投足を眺めているとそいつは「何見てんだよ」と不機嫌な顔をしながら言った。何見てんだよ、って見せるために踊ってたんじゃないのかと思ったがどうやら違うようだったから反論はしなかった。俺が黙っているとそいつはそいつなりに用事でもあるのか俺を相手にしようともせずにのろのろとした動きでバッグを拾い上げるとどこかへ立ち去ろうとした。

「どこへ行くんだ?」

俺は思わずそいつに声を掛けていた。本当はこんな怪しい奴とは関わり合いにもなりたくなかったと思っていたから、この自分の行動は自分自身でも意外だった。意外というよりも、どこか俺はここに来てこいつに声を掛けることが予め決められていてそれに従って行動したかのような感覚がした。

「家へ帰るんだ」とそいつは言った。「次に踊る奴が現れたから」

「えっ?」

「よろしく頼むぜ。今からお前はここで好きなだけ踊り続けるんだ。踊って踊って踊りまくって、新宿を、東京を、日本を、世界を、宇宙を盛り上げるんだ」


新宿駅の大迷宮を行き交う人々の真ん中で、俺は踊っている。もう何ヶ月も髪を切っていないから髪は前に後ろに横にと伸び放題で、服も取り替えていないから所々破れ掛かっていた。

そして俺は行き交う人々に罵倒される。「うわダッセ」「ちょっと邪魔あ」「気持ち悪い」「意味解んない」「くっさあい」。いつか聞いたような言葉。聞いたのは、いつだっけ? もう忘れた。俺には踊るしかない。踊って踊って、宇宙を盛り上げていくしかない。

タン・タ・タン・ラン・タ・タン・タン・タ・タン・ラン・タ・タン

魅惑のステップ。だけど誰も俺を見ようとはしない。ああ、見ないでもいいさ。こんな汚らしい俺とは関わり合いになりたくないだろ? こんなのに見とれちまう奴の方がいかれてるんだよ。まともな奴はまず俺なんて見ることがないんだ。見ないで正解、大正解。

タン・タ・タン・ラン・タ・タン・タン・タ・タン・ラン・タ・タン

誰かが俺を見ている気がした。ただ見ているんじゃない、そいつは俺をじっと見ていた。やっと来たか。次にここで踊り出すのは、お前だ。

Index of all entries

Home > Archives > 2009年7月 Archive

Return to page top