茨城症候群

Home > Archives > 2009年4月 Archive

御花見

「ほら見て靜子さん、櫻がこんなに綺麗」

公園に著くと、山本さんはその細く白い腕を一杯に伸ばしながら周りの櫻の木々を指差し、顏を輝かせ嬉しさうに燥いでさう言つた。彼女の言ふやうに公園の櫻の木の花はどれも皆、滿開に咲いてゐた。

「本當に綺麗ね。丁度今が御花見時、と言つても好い位」

櫻は、慥かに綺麗だつた。しかしそんな綺麗な櫻に無邪氣に喜んでゐる山本さんの顏も、同じやうに慥かに綺麗に見えた。寧ろ私には、そちらの方がより美しく感じられさへした。

その二つ、背景に咲き亂れる櫻の花と山本さんの華奢な姿とを重ねて見ると、まるで映畫の一シーン、あるいは一枚の繪畫を眺めてゐると云ふ錯覺に囚はれた。それは全く奇妙なことではなく、この目の前の同じ光景を見れば誰もが私と同じやうに感じるであらうことが當然のものとして思はれた。それほどに、この櫻の花と山本さんとはぴつたりとした調和を見せてゐた。

心を奪はれた私がぼうつとして眺めてゐると、山本さんは惡戲つぽい笑顏をこちらに向けて言つた。

「ね、靜子さん。やつぱり來て良かつたでせう?」

「ええ。こんな綺麗な……、綺麗な櫻が見られたんですものね」

私はさう言ひながら、周りへと目を遣つた。私たちの他にも御花見に來たであらう花見客が多くゐて、それぞれが櫻の木の下や芝生の上に陣取つて酒盛などをして盛り上がつてゐる。ある者は奇妙な踊りを踏んでをり、またある者はさくらさくらなどと大聲で歌つてゐた。彼らは勿論、その周りで手拍子をしながら囃し立てる者も、皆誰もが明るい顏をしてゐた。

樂しさに賑はひ幸せに包まれる筈の時間が、そこに流れてゐた。


實を言ふと私は初め、この御花見の誘ひには余り乘り氣ではなかつた。と云ふのも、年が明けた頃から山本さんの具合が一層惡くなつてずつと床に臥してゐると云ふ報せを聞いてをり、そんな病人が無理を言ふのにわざわざ附き合つて具合を一層惡くさせては申し譯がない、と思つてゐたからであつた。

だから私は一旦、架空の事情を附けてその誘ひを斷つた。山本さんの具合の惡くなつたのは知つてゐたけれども、それを理由としては挙げられなかつたから、私は彼女に噓を吐いたことになる。斷つた時の心苦しさと言へば、それは最う堪えきれないほどのものだつた。

しかし、山本さんにはそんな御粗末な噓は通じなかつた。それどころか、彼女は私の胸の内——山本さんを心配する餘りに誘ひを斷らうとしたこと、それを適確に見拔いてすらゐたから私は驚いた。そして同時に、自分を恥づかしく思つた。

瞞すつもりはなかつたと釋明し謝る私に、山本さんは怒ることもなく大きく笑ひながら、具合を氣遣つてくれるのは有り難いが自分の身體は健康そのものだから心配は無用だと言つた。そして他の誰でもなくこの私と御花見に行きたいとも言つた。

山本さん本人が心配要らないと言ふのだからわざわざ他人が心配する必要はないのだらうが、私は猶も彼女の身體の具合が氣掛かりで仕方がなかつた。だからそれについて訊いてみると、床に臥してゐたのは別に普段の持病が惡くなつた譯ではなく、ただ季節に流行の感冒に罹つたからだと云ふ。お醫者からはごく輕い感冒だと言はれたので隨分甘く見て寢ずに過ごしてゐたら、案の定餘計に拗らせて仕舞ひ、それで長い期間寢込まざるを得ない羽目になつたらしい。

それも最う完治して何處へ行つても身體に差し障りがなくなつたから、滿開になる櫻の花を見たいと思ひ、御花見に行かうと私を誘つたのだと云ふ。

山本さんの言ふことには、噓も僞りも感じられなかつた。誤解として受け取つたとは云へ逃げやうとした私を非難することもなく、彼女は先程と何一つ變はらない顏をしながらあらためて私を誘つた。勿論今度は、私はその誘ひに快く應じてゐた。

探し猫

「あの、すみません」

突然後ろから声が聞こえたので振り向くと、僕と同年代に見える落ち着いた感じの女性が立っていた。僕はその女性を知らなかったが、日焼けをしていない白い顔にきれいに長く伸びた真っ黒な髪が印象的だった。

「何ですか?」

僕が訊くと、女性は僕に近付きながら、持っていた鞄からごそごそと何かを取り出して、僕の前に開いた。見るとそこには、“この猫を探しています”という大きな文字と一緒に、真っ白な猫の写真が載っていた。

「あの、飼い猫を探しているんです」

「飼い猫?」

「ええ。もう一週間も前に家から突然いなくなってしまって……。この子、知りませんか?どんな情報でもいいんです。どこかで見掛けませんでしたか?」

女性は今にも泣きそうな様子になりながら、必死に僕に問い掛けた。愛猫が姿を消してしまったことに、よっぽど悲しみを感じているのだろう。何とか力になれるものならなってあげられないものだろうかと思いながら、女性の差し出した紙を手に取って写真の中の猫の姿と記憶とを照らし合わせようとした。

と、僕はあることに気が付いた。

「この猫……」

「え、この子を見たことがあるんですか!?どちらで、どちらでお見掛けしたんですか!?」

「いえ、すみません。勘違いでした。ちょっとこの猫は見たことがないですね」

僕がそう言いながら紙を返すと、女性は肩を落としながら溜め息を吐いた。

「そうですか……。すみません、ありがとうございました」

女性はしょんぼりとうつむいたまま、去っていった。僕はその後ろ姿を、路地を曲がって見えなくなるまで横目でじっと見ていた。それは別に僕が彼女に一目惚れをしたからでも何でもなく、彼女に疑念を持ってのことだった。

何故なら、あの写真に写った猫は間違いなくシロだったからだ。

一年も前から毎日一緒に暮らしている猫を、僕が見間違えるはずがない。間違いなく、シロの姿を写した写真だった。

こんなことが出来るのは、彼女——“月の女”しかいない。“月の女”は、確実に僕とシロに近付いて来ている。あの女性が“月の女”本人であったかどうかは分からない。どちらにしても、これは“月の女”の挑発に違いなかった。

一刻も早く、シロにこのことを知らせなければならない。女性が見えなくなるのを待ってから、僕は家へと駆け出した。


「……ふん、上手くかわされちまったねえ」

「ふふ、今日はご挨拶だけ。向こうに例の猫がいるのは間違いないことだし、こっちがいつどう出てくるかを警戒しているんでしょうね」

「例の猫……、シロか」

「そう。あの真っ白なかわいい子。……私の下から逃げ出した、掟を破った卑怯な子」

「あんたが音を使えば、あんな奴なんて遠くからでも簡単に消すことだってできるだろう」

「そうはいかないわ。あの子はね、私がこの手で、この手で罰を下してあげるの。もう二度と逃げられないように鉄の箱に閉じ込めて、私を裏切って私に恥をかかせたことを後悔させてあげるの。……あの子がどんなに泣いても、どんなに謝っても、あの子が私のものになるまで、音を聞かせ続けるの」

「おお怖い。女の恨みってのはやだねえ」

「恨み?恨みなんかじゃないわ。ただ罰を与えなければならないと思っているだけ。決まりを破った子に罰を与えるのは、当然のことでしょう?」

Index of all entries

Home > Archives > 2009年4月 Archive

Return to page top